オリジナル・グリーティングカードのご案内

弊社では、外国人旅行客と旅館・ホテルとのコミュニケーションを促進するツールとして、グリーティングカードの活用をご提案しています。

 

表紙面には弊社オリジナルの和風テイストのイラストをベースに地元の魅力を伝える写真をレイアウト、内面には写真や英文で旅館・ホテルの情報を掲載、裏面には手書きコメント記入スペースを備えた高級感溢れるオリジナル・グリーティングカードを、オーダーメード感覚でおつくりしています。

 

おかみさんからの心をこめたおもてなしの言葉を手書きで伝えることにより、英語を話される上客とのコミュニケーションにご活用いただくことができます。


使い方はいろいろです。

●手軽な英文パンフレットとして

メールやFAXでお問い合わせをしてきたお客様へ…お問い合わせへの回答として郵送

 

●宿泊していただいたお客様へのお土産として

宿泊されてお帰りになるお客様へ…感謝の一言を添えてチェックアウトの際にお土産として手渡し

 

●季節のご挨拶に

以前に宿泊していただいたお客様へ…再度のご利用を促す時候のご挨拶状として郵送

  

※ グリーティングカードをご発注いただきますと、おかみさんがお客様へのカードへお書きになるであろうコメント(「お気をつけて日本のご旅行をお楽しみ下さい。」「またのお越しをお待ちしております。」など)の簡易なリスト(和英対訳)をお付けしています。

 

グリーティングカードのやりとりは、英国、米国ではひとつの文化です。

日本ではあまりなじみのないグリーティングカードですが、英米などでは、老若男女を問わず、とても身近なコミュニケーションツールとして日常的に幅広く活用されています。

 

日本人にとって一番イメージがわきやすいのはクリスマスカードでしょうが、そのほかに、誕生日祝い、ヴァレンタインズデー、ハロウィーン、結婚祝い、結婚記念日、定年退職祝い、お見舞い…などなど、様々なシチュエーションで活用されており、手渡しや郵送で、まさに年間を通じてグリーティングカードが飛び交っています。

 

グリーティングカードの特徴は、ダイレクトメールやパンフレットなどと違って、受け取った側が、開封して読んだらおしまい…ではありません。英米の家庭で、家の壁や棚に家族写真や絵ハガキなどを飾っている風景を、映画や海外ドラマのシーンでご覧になったことがあるのではないでしょうか。お気に入りのカードはそうした家族写真とともに飾ったりして楽しむことがあります。

 

そんなグリーティングカードを旅館・ホテルの魅力をアピールするためのコミュニケーションツールとして活用すれば、楽しい旅の思い出を友だちに話すきっかけづくりに奏功するほか、壁に飾られているカードがファミリーパーティーなどで訪れた知人たちの目にとまる機会もあり、SNSとは異なる“人伝い”での好意的な情報拡散という効果も期待できます。

 

★ 街なかやショッピングモールにこうしたカードショップがあり、様々なグリーティングカードが棚に並ぶほか(赤枠内)、マグカップやキーホルダーといった贈答用の小物などが売られています。(撮影:2016年 英国にて)